Ti系コーティング

アルファロゴス P-CVD 多彩なコーティング膜を、豊富な経験から最適に形成

オリエンタルエンヂニアリングのコーティングは、過酷で多様に使われる金型・工具の用途に 合わせ 常に最適なコーティング膜を形成します。

チタン系 コーティング膜
膜の種類
TiN・TiCN・TiC・TiAlN・TiAlCN・TiAlON
処理温度
450℃~550℃
成膜方法
ガス状原料によりプラズマ中で成膜 連続的に多層膜・傾斜組成膜も形成
TiNコーティング
種類
TiNコーティング
処理品例
アルミダイカスト入子ピン
用途
アルミダイカスト型・アルミ押出型
プラスチック型
ファインブランキング型・パンチ
特長
チタン系コーティング膜として最もポピュラー
高硬度で滑り特性・耐熱性に優れ、焼付・かじり・溶損・
ヒートチェック・クラックを防止する効果がある
TiCNコーティング
種類
TiCNコーティング
処理品例
冷間加工用金型
用途
冷間鍛造用金型・アルミ鍛造用金型
プラスチック金型・切削工具
特長
チタン系コーティング膜の中で最も高い硬度と低い摩擦係数を誇る
高面圧下での使用に耐え、アルミの付着を防止する効果もある
TiAlNコーティング
種類
TiAlNコーティング
処理品例
アルミダイカスト型
用途
スクイズキャスティング型・耐熱耐摩耗部品
熱間鍛造型・温間鍛造型
特長
チタン系コーティング膜の中で最も耐酸化性に優れ、
高温中の過酷な条件下で使用する
金型、工具、部品に効果が大きい

特殊窒化処理 金型窒化・難窒化剤窒化・低温窒化、など特殊な用途に対応する

過酷に使われ、耐摩耗性・耐ヒートチェック性が要求される金型のために最適な窒化アルファート前処理なしにステンレス鋼をガス窒化と、400~450℃でガス窒化を可能にしたパールナイト

金型のために開発された特殊窒化プロセス 金型窒化処理 アルファート
窒化の種類
特殊窒化 ・ 特殊窒化+特殊酸化 ・ 特殊浸硫窒化
処理温度
500℃~550℃
処理方法
雰囲気調整によるアンモニアガス窒化
特殊窒化
種類
特殊窒化
処理品例
アルミダイカスト型
用途
アルミダイカスト型・アルミ押出型
パンチ・ピン・工具
基本仕様
最大寸法 z.gif800xh1400
最大重量 800kg
スペリア式ピット型ガス窒化炉(PBN)
ステンレスやばねなどを窒化する ステンレス窒化処理 パールナイト
窒化の種類
オーステナイト系ステンレス鋼窒化・その他のステンレス鋼窒化・低温窒化
処理温度
400℃~580℃
処理方法
炉中で活性化とアンモニアガスによる窒化
オーステナイト系ステンレス窒化
種類
オーステナイト系ステンレス窒化
処理品例
部品(ラック)
用途
耐摩耗部品(ビス・シャフト・ギヤー・バルブ・ノズル・ピン)
コイルバネ・板バネ
基本仕様
最大寸法 z.gif800xh1400
最大重量 800kg
スペリア式ピット型ガス窒化炉(PBN)
仕上色
銀白色(パール色)

コーティング加工
コーティング加工
Ti系コーティング
DLCコーティング