会社沿革

昭和27年8月
創立者 大友弥栄 東洋金属化学株式会社を設立
金属熱処理剤の製造販売と金属熱処理加工を始める
昭和29年5月
中小企業助成会会長鮎川義介に認められ援助を受ける
昭和36年10月
日暮里駅東口に営業所開設(現本社)
昭和38年4月
熱処理設備部門を新設 設備販売を開始
昭和42年1月
UNIC(滴注式ガス浸炭窒化炉)が日刊工業新聞社による 「1966年十大新製品」賞に選ばれる
昭和44年10月
オリエンタルエンヂニアリング株式会社に社名変更
昭和45年11月
第4回「中小企業研究センター賞」を受賞
昭和46年11月
UNINITE(ガス軟窒化法及び軟窒化炉)を開発
昭和48年6月
海外部門を設置し海外活動を強化
昭和52年3月
SPERIA(真空ガス置換型雰囲気熱処理炉)を開発
昭和55年1月
SPERIAが日刊工業新聞社による「1979年十大新製品」賞に選ばれる
昭和57年4月
川越工業団地に川越工場を新設
昭和61年8月
量産型プラズマCVD(コーティング)装置を開発
昭和63年7月
中国での合弁会社豊東熱処理(現在塩城豊東熱処理)を設立
平成3年4月
SEVIO(温水真空洗浄機)を開発
平成4年3月
プラズマCVD法が日刊工業新聞社と協和中小企業振財団共催の第4回「中小企業優秀新技術・新製品」賞に選ばれる
平成6年5月
中国での合弁会社(天津豊東熱処理設備)を設立
平成7年6月
新潟工場を熱処理加工分工場として新設
平成8年4月
マレーシアでの合弁会社(BELTON-ORIENTAL)を設立
平成8年11月
プラズマCVDによるTiALN被覆技術の開発が(財)素形材センターの第12回「素形材産業技術賞」に選ばれる
平成11年6月
プラズマCVD方式による量産型のDLCコーティング装置(S-DLC)を開発
平成12年1月
ISO-9001の認証を取得
平成14年11月
NEOVIA(量産型雰囲気制御付真空浸炭炉)を開発し販売を開始
平成17年8月
ISO-14001の認証を取得
平成18年5月
中国での合弁会社(塩城豊東特種炉業有限公司)を設立
平成19年5月
中国での合弁会社(重慶豊東神五熱処理工程有限公司)を設立
平成19年6月
経済産業省・中小企業庁により「元気なモノ作り中小企業300社2007年度版」に選ばれる
平成19年6月
プラズマCVD法によるTiAISiCNO膜の開発が第17回型技術協会賞の技術賞に選ばれる
平成19年11月
プラズマCVD法による高離型性金型表面技術処理の開発が第23回素形材産業技術賞の「中小企業技術賞」に選ばれる
平成20年2月
雰囲気制御による減圧表面改質技術の開発が(社)表面技術協会の「技術賞」に選ばれる
平成20年4月
本社を東京都荒川区西日暮里2-25-1-902号へ移転
平成20年5月
マレーシアとの合弁会社はBeltonグループから独立、 新社名 Oriental Heat Treatment (M) Sdn Bhd.として再スタート
平成20年10月
窒化センサー制御システム付きガス軟窒化炉を開発し販売開始
平成20年10月
江蘇豊東熱技術股份有限公司が、大豊市の開発区の新工場で操業開始
平成21年1月
中国合弁会社"天津豊東熱処理設備有限公司"は合弁期間満了につき、社名を “天津豊東晨旭金属科技有限公司” と改め新会社として操業開始
平成21年5月
「プラズマCVD法による TiAlBCNO 膜の各種特性」 が㈳日本ダイカスト協会の平成20年度「小野田賞」を受賞

 


会社案内
会社案内
会社沿革
川越工場